お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月

26

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告

募集内容

参加枠1

無料

先着順
44/50

イベントの説明

概要

不揮発性メモリはコンピュータシステムの設計を根本から変え、主としてストレージ分野とデータベース分野における研究が盛んである。しかし、データの永続化が数100倍あるいは数1000倍のレベルで高速になると、ネットワークがボトルネックになるため、そのトレンドに対処できるネットワークスタックが重要である。本発表では不揮発性メモリを備えたコンピュータにおいて高速なデータの永続化を実現するにあたり、現在のネットワークスタックの問題点およびそれを解決する拡張について述べる。 また後半では、今後のネットワーク分野の研究の方向性を議論する場である ACM Hot Topics in Networks(HotNets) 2016 に見られた他の研究を紹介する。

話者

本多 倫夫 (NEC Laboratories Europe)

日時

  • 2016年12月26日(月) 18:00 (17:45 開場予定、19:00頃終了予定)

場所

会場について

受付

  • 入館には受付が必要になります。飯田橋グラン・ブルーム2階受付階に専用窓口を開設しますので、スタッフにお声がけください。受付開始は17:45を予定しています。
  • 遅れて到着された場合、窓口にスタッフがいないことがあります。受付に電話番号を記載した案内板を置いておきますので、電話にてご連絡ください。

退場

  • お帰りの際にカードキーを回収します。受付でお渡ししたカードキーを会議室出口に待機しているスタッフにご返却くださるようお願いします。

発表者

本多 倫夫 (NEC Laboratories Europe) 本多 倫夫 (NEC Laboratories Europe)

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

Hajime Tazaki

Hajime Tazaki さんが 不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告 を公開しました。

2016/12/09 13:12

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告 を公開しました!

グループ

iijlabセミナー

イベント数 27回

メンバー数 463人

終了

2016/12/26(月)

18:00
19:00

募集期間
2016/12/09(金) 00:00 〜
2016/12/26(月) 19:00

参加者(44人)

TKashiwagi

TKashiwagi

I joined 不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告!

matsuhira

matsuhira

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告 に参加を申し込みました!

cafenero_777

cafenero_777

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告に参加を申し込みました!

gussunoyoyo

gussunoyoyo

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告に参加を申し込みました!

forestsource

forestsource

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告 に参加を申し込みました!

StorageOps

StorageOps

I joined 不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告!

one_trillionth

one_trillionth

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告 に参加を申し込みました!

neglio

neglio

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告 に参加を申し込みました!

H_Aki

H_Aki

不揮発性メモリ時代のネットワークスタックおよび ACM HotNets 2016 参加報告 に参加を申し込みました!

参加者一覧(44人)

キャンセルした人(11人)